カテゴリ:パンチ( 29 )

パンチ

今日は、パンチが虹の橋へ渡った日
b0165139_23483084.jpg


不思議だね 二人が こうして 会えたこと
そのために 二人ここへ 生まれて 来たのかな
はじめて 二人で 二人だけで 歩いた
あの時 多分僕は 君が好きになったんだ
息を とめて 君を見つめてる
woh woh woh woh 君を抱きしめていたい

確かな ことなど 今何もないけど
ほんとうに 大切なことは 君が 教えてくれた
いつか 君の その悲しみは
woh woh woh woh きっと 忘れさせるから

僕は君何も 誓えない
でも僕は 君のために 精一杯の 人生を生きる

いつか 君の その悲しみは
woh woh woh woh きっと 忘れさせるから

息を とめて 君を 見つめてる
woh woh woh woh 君を 抱きしめていたい
woh woh woh woh.....
[PR]
by pannapasta | 2011-10-09 23:59 | パンチ | Trackback

供養祭

b0165139_22181365.jpg

b0165139_2217971.jpg
b0165139_22172049.jpg
b0165139_22173134.jpg

[PR]
by pannapasta | 2011-10-01 22:16 | パンチ | Trackback

唯一無二

3月3日
パンチのbirthday
b0165139_08865.jpg

世界中でたった一つの大切な存在
[PR]
by pannapasta | 2011-03-03 23:59 | パンチ | Trackback

パンチ

10/9
今日はパンチが虹の橋を渡って3年。
仲良しのしぇりーちゃんと遊んでるかなぁ。
b0165139_1729173.jpg

会いたいなぁ。
b0165139_1729950.jpg

今日は夢の中に出てきてね。
[PR]
by pannapasta | 2010-10-09 17:38 | パンチ | Trackback

供養祭

9/25
パンチが虹の橋を渡った時にお世話になった葬儀社の供養祭に行ってきました。
昨年からお彼岸の時期に供養していただけるようになり
我が家は今年が初めてです。
b0165139_18141231.jpg

午前、午後の部に分かれ
150人ほどの家族がそれぞれの思いを胸に供養しました。
生前可愛がっていたワンコ、ニャンの名前を
丁寧に読み上げていただきました
b0165139_18144265.jpg

ご住職の法要、
その後、京都からご住職をお迎えしての法話。
粛々と丁寧にご供養していただきました。
b0165139_18145276.jpg

一緒に行く予定だったしぇりーママ、体調を崩し断念。
来年は一緒にお参りしましょうね。
b0165139_11232737.jpg


供養をしていただいたお寺、別名「たぬき寺」と呼ばれているそうです。
たぬきつながりで「道とん堀」でお好み焼きを食べて帰りました。
b0165139_1815273.jpg

b0165139_18151349.jpg


もう3年
まだ3年
ずっと封印していた虹の橋、ご住職が読まれた時
涙があふれて溢れて止まらなかった。
b0165139_18152385.jpg

      虹の橋
天国の入り口に
虹の橋という場所があります。
この世で誰かに愛された動物は、亡くなるとみんな虹の橋に行くのです。
そこには、緑の野原や丘があり、愛しいペットたちは、みんな一緒に走り回り、遊んでいます。
食べ物はいっぱい、水もお日様もいっぱいです。
ペットたちはあったかくて幸せです。

病気だったり、お年寄りの動物も、元気になり若々しさで一杯。
けがをしたり、手足が不自由なみんなも、心も身体も元に戻っています。
遠い昔、この世で一緒に遊んだときのあの元気な姿で。
みんな幸せで満足しています。
けれど、ただ一つのことが気にかかる。
心が沈んでしまう。
もう一度、優しいあなたに会いたい、会いたいと夢に見るのです。

みんな一緒に走り回り遊んでいます。
けれども、聞いてください。
その日がいつか来るのです。
あの子は、はっと立ち止まり、遠くを見ます。
緑の草を飛び越えて、もっと早く、もっと早く走り続けます。

そう、あなたに気付いたのです。
とうとうあなたは夢に見たあのことで会うのです。
一緒に抱き合って、ただ喜びが心に満ちます。
もう二度と離れない。
幸せなキスの雨が顔に降り注ぎます。
あなたは、愛しい友の頭を優しく撫でて、あなたを心から信頼する瞳を再び見つめます。
この世でなくしてしまった、けれども決して忘れたことのない瞳を。
そして、あなたたちは虹の橋を渡るのです。
[PR]
by pannapasta | 2010-09-25 12:03 | パンチ | Trackback

うちの子

パンチ、13年前、うちの子になった時は晴れてたね。
b0165139_14365463.jpg

パンチ、今日は雨が降ってるよ。
b0165139_1437259.jpg

パンチ、うちの子になってくれてありがとう
[PR]
by pannapasta | 2010-05-11 14:47 | パンチ | Trackback

3月3日

今日は先代犬パンチの誕生日でした。
こんなジャンボな男らしいワンコなのに
3月3日の女の子のお節句の日に生まれたなんて
パンチらしい
おとぼけちゃんでいつも笑わせてくれたパンチ。
今日もし誕生日を迎えてたら13歳でした。
b0165139_1921326.jpg

10歳迎えたのでこれから毎年写真館で、と思い撮った写真。
たった1枚しか撮れなかったけど
この写真は私の宝物。
[PR]
by pannapasta | 2010-03-03 19:31 | パンチ | Trackback

金木犀の咲く頃

今日は先代犬パンチが虹の橋に旅立った日。
b0165139_19423673.jpg

匍匐前進が大好きで若松城の前でも003.gif
芝生のあるところで「ワンツー、ワンツー」って言うと
どこでも匍匐前進してくれて笑わせてくれたね。
b0165139_1942499.jpg

16キロもあるジャンボキャバで愛嬌のある天然クンでした。
甘えん坊でやきもち焼き、
私に近づいてくるオスのワンコは徹底的に追い払ってたなぁ。
b0165139_1943084.jpg

夕方、スミコハママさん、パンチにお花と白いたいやきを持ってきてくれました。
覚えていてくれてありがとう。
b0165139_1943119.jpg


パンチ、ずっと忘れないよ。
[PR]
by pannapasta | 2009-10-09 19:55 | パンチ | Trackback

先代犬

12年前の今日、
先代犬「パンチ」のセカンドバースデー、
我が家に来た日。
当時賃貸住宅に住んでいて、一軒家に引っ越すことが決まり
それならば犬か猫を絶対飼いたい!!と私。
当時、動物が怖かったパパが猫は目が怖いから犬、と言い
私が犬種図鑑をむさぼるように見、結局決まらず、
パパがパラパラとめくって
キャバリアのページで「この犬!」
キャバリアという犬種は知らなかったけど、街ですれ違って可愛い、と思ったみたい。
そこからキャバリアの魅力にはまってしまいました。
b0165139_18404142.jpg

それから毎日のようにいろいろなところのキャバリアを探し、
電話をかけまくり、
たどり着いたのがパンチのブリーダーさんでした。
b0165139_18405855.jpg

今考えると初心者の私は突拍子もない質問をしたと思いますが
親切丁寧に教えてくれ、
このブリーダーさんから子犬を譲ってもらおう、と
b0165139_1841102.jpg

そこから半年待って待って、子犬が産まれ、
4枚の写真が送られてきてどの子にしますか?と、
決められない、会いに行こう!!
b0165139_18412571.jpg

電車を乗り継ぎ、2時間。
6頭、全部連れて帰りたい!
男の子が欲しい、というだけで、犬好きの私が決められるわけがない!!
パパ自身大柄、パンチも他の子よりも1.5倍の大きさ。似てる。。。
最終決定は、パンチがとことこと私達に寄ってきてくれた~
これが縁なのね053.gif
こんな小さな子犬を抱いたことがないので
壊れものを抱くような緊張気味の私。
b0165139_18413746.jpg

そこからがまた長かった~
他の兄弟たちはゴールデンウィーク中にブリーダーさん宅へお迎えに。
うちは予定が立たず、次の週に我が家まで連れてきてもらいました。
家を出ました、から2時間半、あの日のことは今でも鮮明にカラー映像で覚えてるなぁ。
b0165139_18415127.jpg

久しぶりのの対面053.gif可愛い可愛い可愛い・・・・・
帰り際、お別れが辛く泣いていたブリーダーさん。
この子を絶対に幸せにします!!と心に誓ったセカンドバースデー067.gif
b0165139_1842516.jpg

パンチ、うちの子で幸せだった?
b0165139_193004.jpg

[PR]
by pannapasta | 2009-05-11 18:44 | パンチ | Trackback | Comments(18)